極楽・快眠セラピストの日記ブログ

浦安にて毎週日曜日『疲れ知らずの健康で美しい身体作りのお手伝い』をモットーにリラクゼーションを提供しているセラピストのブログです!

腰椎ヘルニアについてまとめてみます

みなさま、こんにちは

 

浦安の『Body care Rakue』にて毎週日曜日、リラクゼーションマッサージの【極楽・快眠コース】を提供している、快眠リラクゼーションセラピストの佐藤幸雄です。

 

日々、多くのお客様をほぐしていると、様々な症状をよく耳にします。

今回はお客様からよく聞く症状をまとめてみたいとおもいます!

 

本日のテーマは「腰椎椎間板ヘルニア」です!

 

【腰椎椎間板ヘルニア

 

腰痛と坐骨神経痛の重要な原因の1つであり、臨床症状はこの両者が最も多く、時に腰痛のみ、坐骨神経痛のみ、あるいは馬尾神経圧迫症候群などの形をとることもある。大部分は腰痛で始まり、次第に臀部、下肢に放散する痛みを伴うようになる。坐骨神経痛の出現とともに腰痛は軽快することもある。症状誘発のきっかけになるものは日常の普通の生活動作であることが多く、必ずしも重労働や重いものを持ち上げる動作とは限らない。交通事故などの外傷を契機として発症することはほとんどない。

変性を起こした椎間板組織ー髄核と線維輪ーが後縦靭帯を持ち上げ、あるいは靭帯の弱体部を通って後方に突出して椎間板ヘルニアとなる。ヘルニアには椎間板の後外側に突出して腰神経根を圧迫する場合が最も多い。時に後方正中部に膨隆して巨大なヘルニアとなり、馬尾神経圧迫症状を起こすこともある。

臨床的には腰椎前弯が減少し、疼痛性側弯がみられ腰椎の可動性は制限されている。

治療の基本は安静である。大部分の症例は安静のみによって症状が軽快するが、消炎鎮痛剤の投与、局麻剤による硬膜外ブロック、腰椎の牽引、軟性コルセットなども有効である。こうした保存的治療の継続はほぼ3週間が限度で、無効な症例に対しては手術を考慮する。

 

以上、資料より引用しました。

 

腰椎のヘルニアは人の身体に触れる仕事であればほぼ全ての人が耳にする症例だと思います。

リラクゼーションで対応できるのはある程度痛みが落ち着き、腰椎周りのこわばりを感じる方です。強い痛みや痺れがある方はまずは最寄りの専門機関を受診しましょう。

上にもある通り、ヘルニアは多くの場合保存療法がなされます。その一環としてマッサージは有効ですので、腰のコリが気になるという方は定期的にほぐしてあげるといいですね!

 

 

眠れない!疲れが取れない!という方、ぜひ一度『極楽・快眠手技』をお試し下さい!

きっとお役に立てると思います! 

 

 

キャンペーン情報はこちら↓↓ 

fuka-momi.hatenablog.com

 

 

 詳細・ご予約はこちら↓↓

 

ホットペッパービューティーにも掲載中です!こちらもぜひ!

beauty.hotpepper.jp

 

セラピストのプロフィールはこちら↓↓

fuka-momi.hatenablog.com

 

 浦安以外で受けたいという方はこちら↓↓

fuka-momi.hatenablog.com

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!